読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれ

ブログの説明を記載する

【Brewdog】 Born to Die 13.05.2017

  • Brewdog
  • 8.5%
  • ?IBU

 

久々にそれをしている。かつてそれを味わったことのある、一定の働きを催しているので。次にその発端を示す。

それは、初日にぎろの犬で購入している。19時解禁ということで、それまでアレした。まずJack Hammerをベロリンガしている。うまさのそれが統一されている。1時間の長さ、それまでの生きざまを走馬燈している・・・。漸く15歳ころを走馬燈していると、解禁5分前になり、グラスが準備され始める。なるほど、想定される注文を備えているのだ、人間の知恵の凝縮を知っている、カウンターに聞かれる、アッハイ、飲みます、飲ませてください、挙動不審を示す、飲めるのだ、そして飲む人が次々に手を挙げる・・・人々の、祭りのような・・・宗教のような・・・一体感の醸成、一つの目的に向かって走っている青春のそれ・・・遠い昔にかなぐり捨てたようなまばゆさ・・・それが繰り広げられているので、興奮がかすかに鳴動している、グラスに一投目を継ぎ始めるうおォンまるで人間火力発電目の前にグラスが置かれる!興奮、現在、前日、布団の中で考えていた事、飲めないのではないかという不安・・・当日の不審・・・終業チャイムのあとの緊張・・・会社を出るときの高揚・・・電車にまんまと乗れた時の安堵・・・鳴らない電話・・・それらが一瞬フラッシュバックしたのですが、目の前のグラスが押し流したので。雑念は許さないぞとばかりにBorn to Dieが、そう!あのBorn to Dieが目の前にいて、おれにキスをせがんでいる、鳥が笑っている、ガラスが迫っている、大過去技法の想像、液体、ガラス、体温、手、ガラス、液体、キスしている、アッ!グラスとAしている、液体が入ってくる、舌に乗った、おれの祭りが始まる。

 のむ、そりゃうまいよね、ホップがほっぷほっぷしてる、幼児退行するレベル、3月のより飲みやすい気もする、度数下がったからか・・・?Brewdog感ある苦味、どことなく甘さもある、飲んだ後割と喉乾くレベル、ジュースィー・・・、気分の高揚・・・テンションのそれ・・・舞台装置のそれ・・・、生まれ故郷・・・。

今思うと何より場所で旨さを感じた気がする。前回売り切れを食らっただけに、なおさら。 あと今回は瓶じゃなく、缶らしい。缶のが個人的には手軽で良い。値段見てない。

 

 前は3か月くらいのペースだった気がしないでもない。今回の2か月のペースが今後もなのか、今回だけなのか・・・増えるなら増えるでよいけれど、もう少し日本への供給あってもよいのでは感がある。この少供給が続くとイギリス行きたくなる。むしろ行く必要がある。Dog Houseがある、Dog Houseができる。部屋にタップがある、シャワールームにクーラーボックスがある、Brewdogのである、生きている、呼吸が目の前にある、共に生きようと言ってくれるビールがある、teo toriatte konomama想像がある、後頭部を打つ、現実がやってくる。死ね。

 

前回の記事を以下に示す。

sasasaslime.hatenablog.com